スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが、バス事故について。

石川県在住の人間として、少しだけ。
この間のディズニーランド行き夜行バスの事故について。
少しづつ風化していっている事故の事ですが、少しだけ。


僕はアンダーテイカーの端くれという因果な商売をしていますので、くだんの事故の被害者様とも微妙な縁が出来てしまいました。
ひとつ言える事は、事故は恐ろしいという事です。
人の死は僕らにとって最早いつもの事ではあり、それを送り出す事を精一杯サポートするのが僕らの仕事でありますが、そのなかでも微妙に凹んだりするのは、知っている人の死と、不慮の死です。
知っている人の死は、皆さんが体感するそれとさほど変わらないと思いますが、不慮の死は、やはりこういう仕事独特のものでしょう。
遺族の悲しみはどれも深く、その様は他人と言えど胸が打たれるものがあります。
僕の会社も色々な不慮の死を受けてきました。
例えば事故しかり、奇異なものなら殺人や心中まで。
その度に思うのですが。

マスコミちょっと酷く無い?

です。
いや、分かるんすよ。
報道の仕事って、事故や事件を飯の種にする訳だから、僕ら以上に因果な商売なんだけどさー。
流石に会葬者でもないのに敷地内まで入ってきてうろつくのはどうなの?
遺族すげー悲しんでるのに、インタビューとかどうなの?
何かあまりに……。
自分の立場なら、もっと気持ちに余裕ができるまでほっといて欲しいなー。
勿論ニュースは生き物と重々承知ですが、配慮だって大切だよ。
なんかそういう規則か何か作ってくれればいいのにね。


しかしま、僕も他人事とは思えない訳ですよ。
僕も夜行バスは安いし便利だから使うし、いつ自分がこの立場になってもおかしくない訳ですよ。
でもこれからもバスは使うと思います。
安いバスを。
世間となそういうものです。
つまんない語りをしてしまったので終わり。
では。

エビ園 エビ会議場 とかくエビばかり。

本水槽。

暗いので、明るい画像を。

んー、ピンボケ。
以前の水槽。

モスのマット入れました。
奮発して買って、しばらく水につけた後、今日投入。
ベアタンクだからエビの移動が心配で……。

エビがマットの上でふよふよ。
喜んでいただけたら幸い。
駄菓子菓子、大きな弊害も。
ノブツナの写真がとりにくい!!!

ノブツナとエビ、仲良く食事をすの図。
プレコの餌はエビにもどうやら人気です。
流木の洞窟を覗いた風景。

エビが密かに集会を開いて居ました。
お前ら、何故そんな所に……。
かくれんぼ好きは健在のようです。

アカヒレ。
青いLEDライトのおかげか、青く目が光ります。
赤い尾に青光する目とか、本当にね。
カッコいい訳ですよ、本当にね。

濾過から流れ込む水に
そして。

泳ぐエビ。

エビ会議。

エビ会議決裂。

独り占め希望。
エビだらけになりましたが(^_^;)


エビ話を一つ。
水槽を眺めて居たら真っ白なエビのバラバラ遺体が!?
水換えも完璧。
他の誰も変調はきたしてないけど、エビはデリケートと聞くし……とか思いつつ、遺骸を回収して翌日。
またしてもエビのバラバラ遺体が!?
これはあかんと、水換えして回収。
遮蔽物である流木や水草を全部回収して、エビの生存数を数えてみる。
……全部、いる?
そして気づいた。
エビって、脱皮する?
…………おおう。

……うん、面目ない。
こんな小学校の理科でつまづくとか……(T_T)

身近な春?

少しだけ、元気を出してみた。
自然に目を向けよう、とか?


休日にやる事なんざだいたい決まってて、特に春は家業の農業が。
GWなんざめっちゃ家業シーズンです。
今日は天気がよく、農作業日和。
水田の準備にかかった父の手伝いに。

田んぼ近くのハウス跡には、タンポポが沢山咲いてました。

沢山、沢山。
あ、これは珍しいかなー。
都会ではあまり見かけない花。

花梨の花です。

ピンク色で意外と綺麗です。
この木は意外と優秀で、実をたわわにつけてくれます。
この花が実になる訳だ。



横庭では花水木が盛り。
背が高くて見上げる形になります。

青い空と白い花のコントラストが美しい。
あ、映ってる建物はお隣さんの御宅です。

前庭ではシャクナゲが咲いてます。

中庭には灯台躑躅。
この花が咲くと蜂が沢山寄って来て怖い。


これは僕が大切に育ててる芍薬。

芍薬二号。

二号は蕾が先端についてます。

これも珍しいかな。
ブルーベリーの花。

そろそろ地面に下ろさないと。
苗木が小さかったから鉢で大事に育ててたんですが。
左にはグラジオラスの鉢植え、右にはリコリスの鉢植えもあります。
裏庭は椿がメインだから、もう花も無いなー。
よくよく考えれば、我が家はどんだけ庭があるんだ……orz
片田舎って怖い(笑)


最後に春らしいお腹が減る画像。

筍ご飯と筍の煮物。
最近、母の実家からよく貰うので、沢山食べてます。
美味しい。
ご飯茶碗は僕のマジ私物。
子供用です(笑)
可愛いの買ったら、小さかったの。

語るin水槽前

語るin水槽前。
お相手は白い子。
なんかくたびれたよ。

マル「お つ か れ」
すっかり僕特有の、春の病にかかってしまったよ。
僕特有春の病、それは春になりみんなが華やかに新しい生活やなんかに精を出す中、自分だけが泥の様に動けないイメージに取り憑かれるもの。
これ、何気にメンタルにキツくて、根刮ぎ自分を持って行ってしまう。
単純に自分の修行不足なんだが。

マル「そ れ は そ う と、え さ は ?」
おおう……
僕が落ち込んでてもこの態度、まさに本能ですね、マルバスさん。

マル「お ち こ む と か ど う で も い い し」
魚の中には生きることしか無いんだろうな。
悔やんだり落ち込んだり、そんな事してたら食われちゃうから。
それを羨ましいとは思わないけど、だから美しいとは思う。

マル「ひ と っ て む ず か し ー の ね」
僕もそう思うよ。
可能な限りうまく立ち回りたかった。
上手に笑って、上手にかわして。
そんな事できるはずも無いのに。
そんな器用ならもっと上手に生きてるはずなのに。
わかってながら理想だけ高いとか、もうね。

マル「ま、 ぼ く で も み て げ ん き だ し な さ い っ て こ っ た」
うーん、可愛い可愛い。
しかし、少々落ち込みすぎだね(~_~;)
みんなに笑われちゃう前に、元気出そう。
笑えなくてもいいけど、少しは戦えるように。


ベタ達は今日も元気です。

ただの懺悔か慟哭か。

一人でぼーっとする時間がなかなか取れなくて困る。
祖母とか問題を起こしてくれるから。
困ったもんだ。
今朝もまた、汚い話だが粗相をしてくれたので、その始末と水換えですっかり時間を使い果たした。
最近ぼーっとする時間が足りてない気がする。
僕はいろいろ疲れたよ。



蕾だった花が。

開いた。
ダミが死んだ時に咲いていた花が。
赤くて、ダミみたいな花が。

こんな僕の元で、咲いてくれた。
ただそれだけで泣きそうなほど嬉しかった。

ダミ、君の尻尾みたいだね。



なんだかいろいろあって、結局MAXへこたれた。
結構つよいハートのつもりでいたのに、へこたれたるとかどんだけ。
所詮つもりでしかなかった自分に悲しさしかない。
あまりに疲れたから、体育座りでぼーっと眺めていたら、魚は今日も綺麗だった。
何だよもう、僕はボロボロで汚くて、何時だって精一杯なのに、何で君たちはそんなに綺麗なんだよ。
ごめんね。
結構頑張ったつもりだったのに立ち上がれないよ。
ごめんね。
結構頑張ったから、少し休んでもいいよね。
疲れちゃったんだよ。
仕方ないよね。
自分を甘やかす事を正当だって言って欲しくて、ずっと自問自答。
僕はいつから子供でなくなってしまったんだろう?


すいません、完全なる愚痴です。
明日になったらまたいつもの僕に戻ります。
でも、老いるって恐ろしいね。
祖母の矢面に立つ母の背中ぎ、随分小さくなって見えました。
プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥
西川貴教をこよなく愛する外道女子。
ゲームが主食で、おかずは漫画&ラノベ。

恋人は愛猫と言い張る28歳。
猫にうつつをぬかしている間にすっかり脱腐してきたようで、毒気は一切無い。
せいぜいゲームが少々のお手前ですv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。