スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐るだ、オラ。

どうもこんにちは。二階堂秋臣です。
暫定税率の法案がなんたら~こんたら~で、ガソリンの値段がまた上がりましたね。
車大好きっこの僕としては辛い限り。
でも最近は自転車移動も増えました。
この前のハンマーでの作業&連日の自転車で、現在両肩両足の付け根が微妙に痛んでおります。
……間接の軟骨が減ったか?

去る5月1日。
僕は一人僕の苦手とする場所へと向かっていた。
その理由はひとつ。
本日公開した映画、「相棒」を見るためだ。
正直な話、僕は映画館という場所が好きではない。
一時停止も出来ないし、いすの上でしゃべりもせずにじっとしているというのは、なかなか辛いものがある。
しかも半年か1年待てばDVDで出るしさ~。
だから映画というものを見に行くことは殆ど無い。
むしろここ何年か見に行ってなかった。
最後がハガレンか?
……うは!!wwwちょっとすごいかもwww
まぁ、そんな感じでまったく好きじゃなかったんだよ。映画。
でもね、相棒だしね。
しかも公開当日だしね。行ってきましたよ。
映画の「相棒」のあらすじを少し紹介。
事の起こりは都内で起こった不可解な連続殺人。犯人は現場に謎の暗号を残していた。
会員制ウェブサイトの処刑リストにそって行われる連続殺人。
それを追ううちに徐々に見えてきた、犯人の目的。
犯人の狙いは、都内を横断するマラソン大会の3万人のランナーと15万人の観客。
「復讐の対象は5年前、一人の青年を見殺しにした、この国の人間全員だったのです!!」
果たして二人は、犯人の思惑を止めることが出来るのか!?
とまぁ、こんな感じ。
で、感想だが。
まさに相棒って感じでした。
金かけた2時間ドラマってイメージ。
犯人、あれじゃぁ分かりやすすぎるよ。キーアイテムはもっと巧妙に隠さないと。
愚鈍な僕ですら、あんなの見せられたら感づいちゃうでしょ
まぁ、それが狙いで、その背景を克明に描写したかったのかもしれないか……。
でも、なかなか考えさせられる映画ではありましたよ。
僕もそうやって切り捨てたもの、いっぱいあったし。
なんていうか、身に知らされる映画でしたね。
そんで、もう同窓会級のフルキャストだったよ。
もちろんおなじみの人も居たけど。
鹿手袋さんなんて、僕もファンブック見てなかったら覚えて無かったかも……(汗)
とかく面白かったです。うん。
そして未だにパンフを開封出来てない僕……orz

なんかいろいろ話すことあった気がするが、忘れた。
ネタはメモらないと風化が激しくて困る。

ドドブラ倒せました。
これで★4の集会所クエ受けられるようになりました。
しかし今本当に困っているのが。
クシャルダオラどうやって倒すんだ?
あの龍風圧が、何回やってもへたる。
困る。
毒にしようと画策しても、うまくやれない。
まったくこまったもんだよ。

そういえば★2の集会所の依頼に、沼地でショウグンギザミを狩るクエストがあってさ。
その依頼主が某国の軍師らしいのよ。
軍師は僕の好物!wwww
やっぱ軍師はメガネでクールで知的なイケメン!黒髪長髪だったらなおのことご馳走!(ここら辺なんかのゲームの印象が入っているのを否めないww)
で、少し妄想。
この依頼をうまくこなせば、次からもこのハンターに~。なんて依頼がきたりなんかしちゃって。
それも次々うまくこなしてゆけば、かなり軍師様から信頼されちゃったりなんかしちゃって。
そんでもっていろいろと新密度高くなんかしちゃったりしたら、美味しい
そのうちそういう仲に……僕の紫苑の花は美しいから……。
でも僕の紫苑の花は、そんな簡単には食わせはしないぜ……(ニヤリ)
……はっ……かなり僕危険な人!!

最近気づいた。
何で推理小説の探偵役は、さわやかに笑えないのだろう?
つか、推理小説の探偵役で、さわやかな人がいるのだろうか?
なんつーか、一癖ある人間ばかりのような……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥
西川貴教をこよなく愛する外道女子。
ゲームが主食で、おかずは漫画&ラノベ。

恋人は愛猫と言い張る28歳。
猫にうつつをぬかしている間にすっかり脱腐してきたようで、毒気は一切無い。
せいぜいゲームが少々のお手前ですv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。