スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや自分自身が心霊現象。

どうもこんにちは。委員長代理です。
種まきしました。
黒竜とアスター。
ちゃんと咲いてくれるといいなぁ。
しかし、花を種から育てるのは、高校生の時のコスモス以来だ。
ちゃんと育つか心配。
人一倍手を入れてやろうと思う。

なんか精神不安定なのかなんなのか分からないけど、キレやすくなってます。
最近の若者はスグにキレる~とかいうけど、そりゃマジですな。
……ああ、僕もう若くないか。
…………orz
あと、結構泣きやすくなってます。
歌聴いてて泣いたりとか。
道歩きながら考え事してて泣いたりとか。
むしろ単純に感情のコントロールがままならないだけかもしれません。
あと最近、少し活動した後に立ち上がると、立ちくらみがひどすぎます。
前が真っ白でまったく見えなくなるの。
足の力が入らないし、平衡感覚とか全部消えちゃうし。
マジで怖い現象。

どうも僕が心霊サイトとか見ていると、部屋の温度が下がる。
これはマジだ。
昨日や一昨日も同じ時間くらいまで部屋でおきていたが、こんなに部屋の温度が下がることは無かった。
霊感は無いが、こういうのは感じるのか?
まぁ、この家は何か居てもおかしくなさそうだしなぁ……
そういえば今日、久しぶりに近所の神社に行ったんだよ。
っても、帰りにたまたまいつもの道じゃないところを通ったってだけなんだけど。
神社の前の桜は散ってた。
子供の頃からちっとも変わってなくて。
かれてる古い井戸も、わき道の祠も、社務所の横の椎の樹も。
きっと彼岸花が咲く場所も残ってるんだろうなぁ。
けど、ひとつだけ小さな違和感。
あんなに狭かったかなぁって。
子供の世界って、広いんだなぁとか思った。
子供の頃、神社を格好の遊び場にしてた頃は、もっとあの場所は広かった。
裏のほうはもっと鬱蒼とした杜でさ。
今は裏の公園とつながる遊歩道みたいなのがあるけど、昔はもっと閉鎖的だった。
用水路みたいのが流れてたし……
あと、手を洗うなんかあんじゃん。御手洗?手水場?
あそこの水を出す蛇口みたいのの場所を知ってたから、勝手に出してた。
結構罰当たりなことしてたなぁ。
あの神社は……八幡宮? 御神体は鏡だっけ?
祭事でしか見ないから(その祭事すらもう10年近く行っていない)忘れちゃったや。
しかし久しぶりに行くと、なんというか……郷愁?哀愁?
感慨深いものがあるね。
たまには皆さんも行ってみたらどうでしょう。
余談だが、僕は昔、その神社で向こうの世界に行く入り口を探していた。
その当時読んだ子供向けの絵本で、神社だったか公園だったかの樹のうろから、向こうの世界にいくって話があって。
ま、向こうの世界って言っても、異次元とかパラレルワールドだと思う。
たしかその本で読んだ向こうの世界は、随分めるへんだった。
何であんなにあこがれたのか、分からないけど、行きたかった。
今の僕は、別の意味で向こうの世界に逝きたいです……orz

いつもの、プレイ日記。
昨日はレイア狩りました。
mhpのときに随分戦ってたけど、全部忘れちゃってる……orz
でもま、なんとか勘を頼りに勝てました。
で、今日はがんばってモノブロスとやりあいました。
最初に戦ったときは結構つらかったけど、なんとか狩れました。
アイテムが随分減っちゃったよ……。
でもま、勝てたから良し。
それからモノブロス亜種ともやりあって、勝利。
結構調子いい♪
やっぱ武器新調したのが良かったんだよ。
そう……思っていたんです。
……ついにきちゃいましたよ、緊急クエスト……
ティガレックス……。

そりゃさ、古龍のが格段に難しいのもよく分かってるけどさ……。
僕にとってやっぱり、なんつーか、新しい竜が出るたび、ガクブルですよ。
ま、クリアしてナンボだ。がんばろう。

おまけ。
ソフトバンク、何を血迷ったかロボット変形する携帯電話の発売を発表 (日刊スレッドガイド
以前特撮ニュータイプで見て、すごい見たかったドラマとのコラボ商品。
でも、パーツ取り付け……変形なら欲しかったのに……
本物みたいなAI積んであればよかったのに……って、そりゃ無理かwww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥
西川貴教をこよなく愛する外道女子。
ゲームが主食で、おかずは漫画&ラノベ。

恋人は愛猫と言い張る28歳。
猫にうつつをぬかしている間にすっかり脱腐してきたようで、毒気は一切無い。
せいぜいゲームが少々のお手前ですv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。