スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い日、ダミアンと。


ダミアンが亡くなりました。
すべて僕の不注意でした。
何で気づけなかったんだろうって、後悔ばかりです。
あの赤いドレスを二度と見ることはなくなりました。
手に乗せた身体は、大きくなったなーとか思ってたはずなのに、小さくて。
以前アスモを亡くした時に、こんな事は二度と無いように、大切に大切にしなきゃって思ってたのに。


……何だか言葉を重ねれば重ねるほど自己弁護しているようで気持ち悪いので、事実だけを。
何時もなら僕が近づくとふわふわ水面近くに寄ってくるダミが、何故かサテライトの下でじっとしていたので、注意深く調べてみたところ、いつもより身体がはるかに太くなっている事に気づきました。
腹水でも溜まった!?って驚いて隔離、薄めのグリーンFゴールド粒状にて薬浴を開始。
翌日、鱗が逆立ってきてる事に気付いて慌てて濃いめのグリーンFゴールド粒状で薬浴。
翌々日朝、死亡を確認しました。
動かなくなったダミアンを、アスモを埋めた場所の近くに埋めました。
とても寒い朝でしたが、空は青くて綺麗でした。
今度、赤い花でも植えようと思います。
多分水質悪化にストレスが重なったのだと思います。
管理をちゃんとしていたつもりだったのに、所詮つもりだったようです。
マツカサの症状が出たらほぼ治らないって書かれてて、それでも頑張って生きてくれてたのに。
ごめんなさい。
不甲斐ない飼い主でごめんなさい。
でも、あなたに会えて良かったです。


念のため、マルバスを薬浴水槽に移して、水槽はリセットしました。
空っぽの水槽になりました。

近くにある鉢植えのアマリリスが、ダミの様でした。
本当に不甲斐ない。
不甲斐ない。
もっと早く気付いてやれたらとか、もっと注意深く管理してたらとか思うけど後の祭り。
だから弁解しない。
ごめんなさい。
君から預かった命だったのに。
守れなくてごめんなさい。

大好きだよ、ダミアン。
大好きだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥
西川貴教をこよなく愛する外道女子。
ゲームが主食で、おかずは漫画&ラノベ。

恋人は愛猫と言い張る28歳。
猫にうつつをぬかしている間にすっかり脱腐してきたようで、毒気は一切無い。
せいぜいゲームが少々のお手前ですv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。