スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んでる蝶は、虚ろを飛ぶ。

パピヨン。

母の台湾土産。
蝶の標本欲しかったので嬉しいv
オオルリアゲハはモルフォ蝶と同じ様に、角度によって翅の色が変わります。

正面から見たら水色、斜めから見たら濃い蒼色。
蒼って凄い色だね。
モルフォ蝶はその美しい青色に憧れた人達が、あの青色を抽出して染料にしようと、乱獲されたそうな。
でも、その青色を手に入れる事はできなかった。
蝶の翅は、透明な翅に鱗粉で模様が描かれている。
モルフォ蝶の青は特殊で、その鱗粉が青色の光を反射するから青色に輝くとか。
だから鱗粉をそのままとっても、茶色の粉が手に入るだけだとか。
だから人は、その青により惹かれたのかもしれない。
僕も憧れる。
その昔、日本では紫が高貴な色だったらしいけど、かの青をもし見ていたなら青に変わっていただろうなぁ。
僕はこんなに美しい色を知らない。
色の美しさならオオルリアゲハですが、模様の美しさでは隣のオオルリオビアゲハのが綺麗ですね。
エメラルドグリーンのライン。
尾状突起は青に染まっていて、黒い筋の模様の造作も美しい。
黒い翅に散った緑の光も、その隣の黒の深いラインも綺麗。
蝶はあんなに羽も薄くて、足だってあんなに頼りなくて、ひらひら飛び方だって危なっかしいのに、それでもちゃんと生きていて、飛んでいて、あんなに美しい。
っつても、標本は死んでるし、飛ばないけどさ。
でも、死んでるし飛ばないから永遠に美しいの。
さあ、どこに飾ろうかなーv
……んー、僕の趣味何なんだろ?


僕の好きなポルノグラフィティの歌に、アゲハ蝶ってあるけど、あの歌の歌い出しに出てくる揚羽蝶は、何時聞いても、美しい。
……でも、イエローとブルー、黒が入ったアゲハって何?
キアゲハ?
オレンジって無視の方向?
謎は尽きない。
何て暇な謎……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥
西川貴教をこよなく愛する外道女子。
ゲームが主食で、おかずは漫画&ラノベ。

恋人は愛猫と言い張る28歳。
猫にうつつをぬかしている間にすっかり脱腐してきたようで、毒気は一切無い。
せいぜいゲームが少々のお手前ですv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。