スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でない一人で。


無性に。


たまにやたらめたら、消えたくなる時がある。
それは失敗した時だったり、たまらなく凹んだ時だったり、色々で。
どうしようもなく落ち込んだり、自分が嫌いになったとき、消えたくなる。
消えるって綺麗な響きだが、言うなればぐちゃぐちゃの破片になって死ぬだ。
溶けたい。
形がなくなるように死にたくなる。


最近、それは無くなりつつある。
多分、ベタのおかげ。
魚はすごい。


例えば家族や友人は、僕にとって大切な人達だけど、彼らは僕が死んでも大丈夫だという信頼がある。
だけど、魚は違う。
特にこんな小さな世界に飼われて居るものは、僕が死んだら、死んでしまうのだ。
弱いんだよ。


ああ、じゃあ、死ねないね。
明日も明後日もその先も、沢山楽しく生きてもらわなきゃ。
何より君と居るの、楽しいね。


僕は明日もそうやって生きてくんだろうな。
月があまりに綺麗だから、余計な事考えちゃったよ。
明日は水槽水かえして、お風呂やさんにでも行こうかな。
アクアショップもいいよね。
アンブレラリーフ買わなきゃ。
……いいよね。
そんな日々も、いいよね。
今日もそんな事を免罪符に、生きてみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛鳥

Author:飛鳥
西川貴教をこよなく愛する外道女子。
ゲームが主食で、おかずは漫画&ラノベ。

恋人は愛猫と言い張る28歳。
猫にうつつをぬかしている間にすっかり脱腐してきたようで、毒気は一切無い。
せいぜいゲームが少々のお手前ですv

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。